茶米(デ—ビ—)ノブログ

中国人であるの私のコレクション 日本語勉強中

英雄70 英雄麗水聯営工場/麗水金筆廠 製

360°書き先 現行品

IMG_20180101_212015
IMG_20180101_212038
IMG_20180101_212053



最初の中華二面書き先は英雄本社の112英雄(1978年頃)
多分SheafferのStylist様な万年筆です。
次は白翎white feather のParker 180様な万年筆ボールペン両用式万年筆 白翎431
1990年代、北京金星GOLDENSTARと上海の良波Liangbo(藍泊Lanbo、倒産した)はSheafferとParker二社の二面書き先と違うの万年筆が有ります。免許有ります。


重慶金筆廠の二面書き先はルーフ先2つを使っている。免許有ります。
IMG_20180101_212829

重慶の360°書き先
2016年に、とあるサイドで見て、しかし写真を保存しませんでした。

英雄70以外、英雄の麗水聯営工場の360°書き先は英雄001です。




英雄800系万年筆の図面はパーカーからのものですから、万年筆部品の交換性があります。

英雄829 生産時期:本世紀初

IMG_20180101_011847
IMG_20180101_011907
IMG_20180101_011926
IMG_20180101_011942
IMG_20180101_012002
ペン先とペン芯
IMG_20180101_012040
アメリカ製 パーカー45
IMG_20180101_012055
コンバーター 上の方はパーカー
IMG_20171227_203942
ペン芯 上の方は英雄
IMG_20180101_012157
上の方は英雄
IMG_20180101_012213
アメリカ製 14金先(上)と英雄のスチール先(英雄の45様なペン先は12金とスチール先二種類)
IMG_20180101_012228
ペン先、ペン芯、コンバーター交換


Baidu Tieba 鋼筆吧の姚淞訳さんからの転載許可。
永生601 aka. 102永生の復刻版。

102永生と103永生は永生Vacumatic式万年の最後製品ですから、パーカーVacumatic filler の改良版を使っていました。

ペン先サイズがパーカー51と英雄3系の21.5mmではなく、中華マン通用hooded nibの18.5mm(英雄製、ピストン式永生万年筆―永生618と同じペン先)です。*中華マンのhooded nib サイズが四種類です。
C3A2B68D1E25B8C6426DFFCF2E28C502
ペン先とペン芯以外完全分解
3B4BA63FB79161F5CCDAE5850B130DCC
Vacumatic pump
2AFF8DDD409CE41C8FC949BE3D9E2BD4
30CF63C1AB7D0C7C71E973AE005ACB0B


284FD5A1E0E71E8F73BA68D617A0D387
尻軸 胴軸
1C4BB4FBBEA17A7E962DFAD22005383B
D7A0851699DC0F270A90830C9D557285
四色と透明
永生のネットショプで今日販売開始

↑このページのトップヘ